スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.06.10 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    夏野菜

    0
      またまた、久し振りの更新となってしまいました。

      立秋も過ぎて暦では秋ですが、まだまだ残暑が続きそうで秋が待ち遠しいです。


      今日は夏野菜で、人間の知恵ってスゴいなって思ったことを綴りたいと思います。


      夏野菜といえば、キュウリやトマト、茄子、冬瓜など身体を冷して夏バテに良い(体力向上にいい)

      【カロテン】【ビタミンC】【ビタミンE】

      等の栄養素が高いものばかりです。

      が、カボチャも立派な夏野菜なのですが

      カボチャは夏野菜の中では珍しく

      【身体を暖める温野菜】

      なのです。


      近代社会では、研究が進んで

      どの野菜が冷野菜で温野菜なのか

      分かっているのですが

      古今東西昔の人はそんなこと知らないはずなのに

      知らず知らずに

      夏にカボチャを食べる時は

      カボチャを冷した料理が身体に良い

      って感じて

      日本では

      かぼちゃの煮物は暖かいままより冷して食べる

      西洋では

      ビソソワーズ
      (冷たいスープ)


      などが昔から好まれて食べられている


      人の知恵、感覚というものは凄いものですね



      今年は、節電されてクーラーの設定温度も高めですが

      それでも人工的に身体を冷すモノは

      感じている以上に体熱を奪い、必要ないところで体力を使い(体温を上げるために)

      結果的に夏バテを引き起こす事にもなります

      カボチャは身体を暖めて

      体力向上にいい

      先程の3つの栄養素も豊富ですので

      摂ってみてください

      ゴールデン・ウィーク

      0
        最近、更新が疎かになりすみません。

        GWは、いかがお過ごしでしたか。

        私は、古里の静岡は浜松に帰って今年も【浜松祭り】に参加してきました。

        徳川家康の出身でもある浜松には【出世城】と呼ばれる浜松城がありまた、毎年こどもの日(5月3・4・5日)には祭りを催しています。

        朝から夕方にかけては凧を出世凧をあげて
        凧
        子供(本来は嫡男)の無事な成長を祈り
        夜は町中を練り歩きながら御殿屋台を引き
        御殿屋台
        その歳に生まれた子供のお祝いをします。
         
        喉を潰す位叫んできました。

        JUGEMテーマ:日記・一般


        冬に向けて

        0
          8日は立冬でした。

          立冬を過ぎても、今日は暖かいです。


          冬に多い風呂場での
          【脳卒中】
          に付いて綴りたいと思います。


          発症はご年配の方に多いのですが、どの年代にも起こり得る症状でもあります。また、正しい知識を子供の頃から習慣付けさせる事も必要だと思います。


          よく耳にする【脳卒中】になる原因で…

          |箸い部屋から脱衣場

          服を脱いで風呂場に

          身体が急に冷えて発症

          大きな間違いです。このでは十中八九、発症しません。※この場合発症する可能性がある症状は心臓麻痺になります。出来うる、対応策は脳卒中の場合と同じなので後述します。

          実際のから続きです。


          4┐い里燃櫃嬰鬚鬚擦困肪箸いお湯に入る

          い湯の中で発症

          ヅれて発見が遅くなる



          実際◆銑の際に身体が冷える事で、汗腺が閉じて体表(皮膚)付近にある毛細血管も縮めて、脳や臓器の温度を下げないように身体は反応します。

          その状態から、のように暖かい湯に浸かれば毛細血管が湯から熱を取り込もうとして、広がります。すると身体中の血液が毛細血管に勢い良く流れ込む事で、瞬間的に脳内の血液量が減ってしまい、ぁ敘沼潅罅枷症となるのです。




          以上の事から、掛け湯や身体を洗ってからお湯に浸かる、足からゆっくり時間をかけて浸かる等が当然ですが大切です。
          特に子供はすぐにお湯に浸かりたがるので習慣付けが大切です。

          また、脱衣場や風呂場をヒーターなどで暖めておく事も心臓麻痺の予防薬としても良いと思います。


          先日、銭湯に行った際に掛け湯をしないで入っている人が目についたので綴らせてもらいました。

          インフルエンザ

          0
            久々の更新です。

            学校閉鎖や学級閉鎖などが、インフルエンザの影響で増えています。



            うがい手洗いは、しっかり行われているでしょうか。


            『アルコールを含んだウェットティッシュで手を拭いているから、手洗いはバッチリ』

            って方、沢山いると思います。

            シナイよりした方が良いですが、正直効果うすいですね。


            ウィルスは、根性があります。ウェットティッシュに染み込んでいるアルコール程度では、ほとんど意味をなしません。

            必ず、石鹸で手を洗い流水で流しましょう。


            流すときも、指先から流し落とすイメージを持ってしっかり流して下さい。



            毎週レッスンをしていて、良い結果が出ている時の発病はもったいないと、最近思っていますので予防はしっかりしましょう。

            意外に多い時期

            0
              ご無沙汰していました。

              梅雨に入りました。

              前回まで、熱中症について書き綴っていましたが、梅雨の時期に気を付けないといけない事があります。


              それは、
              『肉離れ』
              『筋肉がつりやすい』
              コノ二つです。

              気温や、気圧が安定しないコノ時期は、寒いと解っている冬よりも、肉離れや筋肉がつる事が多いのです。

              統計的にも、上一桁は違います。


              私もプールレッスンの前、準備体操はしっかり行ってから入っています。


              ですので、時間ギリギリに来られてしまうと指導時間が押してしまいます。

              準備体操は、着替える前にも出来ますので、先に済ませてもらえると、安全で時間をたくさん使えるレッスンになります。


              今回は、気を付けたい事と、お願いを記事にさせていただきました。


              伊東

              漏斗胸

              0
                最近の子供に増えている、身体の歪み(変形)で『漏斗胸』というモノをご存知でしょうか?

                読み方は、『ろうとむね』とか『ろうときょう』と読みます。

                胸が陥没(凹んで)していて、漏斗の形に見えると云うことでこのように呼ばれています。

                現在日本の子供100人に1人いると云われるぐらい増えている状況です。


                医学的には、あまり日常生活には影響がないと云われています。
                確かに、あまり影響は少ないですが身体の歪みをほっといて言い訳がありません。
                簡単に『漏斗胸』による考えられる症状をあげたいと思います。

                ヽ宛が良くない
                内臓(心臓、肺)の左右への偏り
                B召良位(脊柱)への影響

                ,蓮外見が『胸が凹んでいる』ので、プールや銭湯など入ると必ず目につきます。
                それによる、精神的な面が心配されます。


                △蓮胸骨が内側に向かっているので胸郭に入っている臓器、特に心臓や肺の位置がズレてしまう、肺が大きく広がらないなど起きてしまいます。


                は、臓器がズレてしまうと、そのズレに合わせて背骨が曲がってしまいます。
                云われる「脊柱側彎症」ですね。コレは、あらゆる身体の不調の原因にもなるので、漏斗胸の方は最も気にすべき問題の一つです。


                出来るならば、成長期のお子様はできる限り早い時期に対策するべきです。


                この症状は、先天的なものと、後天的なものがあり先天的な方は、残念ながら手技療法では側彎症にならないようにする事と、それ以上凹んでいかないように進行を止めていく事しかできません。
                (若干良くなりますが)
                手術を適用した場合、現在ほとんど傷が残らない方法も出来てきましたが、骨そのものの矯正ですので数ヶ月軽い痛みがあります。

                どちらにしても、ほっとく事が日常生活に影響が少ないと云っても、一番良くありません。

                後天的なモノは、簡単に云うと幼児期から、テレビゲームなどのしすぎによる猫背が進んで、背中だけでなく胸骨までもが曲がってしまう為におきてしまいます。
                (漏斗胸まで行かないが、胸板が薄い子供が増えている理由の一つです)


                私の生徒にもいます。競泳をしている子です。1%でも大会で勝てるように、日頃から姿勢を治すように保護者様と漏斗胸(先天性なのでご存知)を進行させないため、お話をしています。


                胸でイジメられて、スイミングスクールに行かなくなった知人もいます。

                この問題は、日常生活に影響が少ないと医者に云われても医者と話さないといけない問題です。

                質問などは、コメントにお願い致します。

                インフルエンザ

                0
                  皆様、インフルエンザ関東上陸!

                  予防は、していますか?

                  手洗い、うがいが基本ですね。出来れば、マスクもした方が良いですが、マスクを一度はずして口の着いていた部分が外気に触れたら、そのマスクにウイルスがついてしまった可能性がアルので意味がなくなる事を知っていたでしょうか?

                  それなら、手洗い、うがいを徹底した方が経済的ですね!!


                  今日、代表の小倉先生とも話したのですが結局、従来通りの予防しかないのです。

                  では、外に出ることを避けて身体を動かさないことは、不健康にはあたらないのでしょうか?


                  予防は、絶対ですが外に出てもウェットティッシュ(アルコール入りのもの)などで水が無いところでも、消毒できるようにする事とか、水を持ち歩いて例えば電車から降りたら、うがいをする。
                  など、過剰に外に出ることを拒むのではなく、積極的に外に出れる方法を考えるべきだと私は思います。

                  身体を動かさないと、リンパの流れが悪くなり、結局ちょっとした事で発症してしまいます。

                  ならば、手洗い、うがい、良い生活(食、睡、運)をすべきなのです。

                  身体を、動かし続けて15年以上、同年数分私は熱やウィルスにかかっていません。


                  では、今回の新型インフルエンザはどの位脅威なのか、数字で表してみましょう。
                  従来型:0.05%
                  トリ型:60%
                  新型 :0.2〜0.3%
                  何の数字だと思いますか?
                  死亡率です。
                  では、0.2%ならと安心して予防を怠っては行けません。
                  従来型の40倍でもあるのです。

                  しかし、この40倍という数字も、あまり信用にならないのです。
                  なぜなら、今回の新型は毒性が弱く症状が軽いので(従来型よりも軽い)発症地のメキシコでは、軽い風邪と間違えて、病院に行かず、約100名の方々が亡くなられた訳です。
                  タミフルも有効です(子供への使用は慎重)。


                  要するに、新型と云っても現在はもう、対処方法、治療法がわかっているのでしっかり普段通り風邪や従来型の予防をすれば良いだけなのです。

                  だからこそ、WHOはフェーズ5でありトリ型の6にはしないのです。

                  対処方法が確立しているので、そこまで悲観的にはならなくて良い現状だと思います。
                  それより、小倉先生も云っていましたが一度感染して、必ず来ると云われている毒性があがった第2波に備えるぐらいの気持ちでよいと思います。

                  ※あくまでも私、個人の見解です。

                  栄養補助食品

                  0
                    JUGEMテーマ:健康
                     

                    学校の授業が始まりました。
                    現役で入学してきた人たちとは、年齢が離れている為マダマダ毎日緊張しています。

                    今日は、栄養補助食品(サプリメント)について記事にしていきたいと思います。

                    サプリメントとは、いったい何だろう?

                    正しい使用の仕方は、一日の食生活の中で必要量を摂取できない栄養素を補助的に取り入れる為に使用します。


                    こんな使い方は間違っています。
                    • 持っている栄養素のサプリメントに合わせて食生活を考える
                    • ダイエットに使う
                    • メディアで健康に良いと紹介された栄養素をたくさん摂ってしまう
                    • 成長期の子供に使用する
                    などです。



                    なぜかというところを栄養の吸収を説明するとわかってきます。
                    栄養は腸内(小腸)で吸収されます。吸収されるときの栄養素は、一番小さい分子に消化液によって分解されています。


                    サプリメントと云うモノは、この一番小さい分子を糖類や蛋白質、脂質を使って錠剤に固めたものです。

                    ですので、通常なら何回も分解を繰り返して吸収される栄養素を、ほぼ分解を省いて吸収されてしまいます。


                    人の生理現象と云うモノは、『楽をする』事を直ぐに学習していきます。
                    分解の必要性が無ければ、消化液の分泌を止めてしまいます。分泌をしなければ内臓筋が衰えていきます。
                    筋肉を使わないので基礎代謝が落ちます。

                    だから成長期の子供にサプリメントを飲ますと、消化機能が学習されないで成長してしまう事がお分かりになると思います。


                    使用してはいけない訳ではないのです。
                    『サプリメントに頼るのではなく、あくまでも不足した栄養素を補助する為に使用する』
                    って云うことを忘れてはいけないのです。

                    【食べれない】ではなく【食べない】

                    0
                      JUGEMテーマ:健康

                      『好き嫌いをするな』

                      と良く耳にしますが、確かに何でも食べれて、食物からしっかりと栄養を吸収する事は非常に良い事だと思います。

                      正直私は、ナポリタンスパゲティーが食べれません

                      なんでと聞かれますが、パスタも、トマトも、ピーマン、玉葱、パプリカ、すべて食材としては好きです

                      しかし、このナポリタンと云う料理になってしまうと食べれません

                      匂い、味、食感、色彩、何がダメなのか解りませんが食べれません

                      後は、食べれないものはありません。
                      嫌いではなくて、身体が寄せ付けません。最近は、まだ良くなったのですが以前は作っている匂いを嗅いだだけで嘔吐していました。
                      今は食べなければ平気です



                      脱線しました

                      私は『好き嫌い』に関して以下のように解釈しています。
                      1. 味が嫌いだから、食べない
                      2. 匂いが嫌いだから、食べない
                      3. 食感が嫌いだから、食べない
                      4. 子供の頃嫌いだったから、食べない
                      だいたいこんな感じではないでしょうか。

                      基本的には【食べない】であって【食べれない】ではないのです。


                      上記の『1』『2』『3』に関しては、親がなんとか食べさせようとして料理の調理方法、味付け、レシピ、切り方など、いろいろ工夫して食べさせます。

                      そうする事で【嫌いな】ものでも食べる事があります。

                      『4』に関しては、食べず嫌いなので説明は省きます。


                      【食べれない】人はアレルギーや身体が寄せ付けない、内科疾患でドクターストップがかかっているなどの人です。


                      【食べない】【食べれない】では大きな違いがあります。
                      好きなものを、食べてはいけなくなったと云う人、多く知っています。


                      いつもいつも、文章の終わり方が解らなくなってしまい、いつも結論を強制的に入れて終わらせています。
                      が……………

                      今回もそうしますorz


                      私は、『好き嫌い』があっても良いと思います。

                      人ですから、勉強で得手、不得手があるように、人間関係を上手く築けないと言う人が云うように。

                      ただ、嫌いでも【食べない】であって【食べれない】ではないのならば食べる努力をしてもらいたいです。

                      嫌いなものを、目をつぶって鼻をつまんで食べる。
                      ホントにいい行動だと思います。

                      決して『好きになれ』とは云いませんから、嫌いなものに立ち向かう姿勢、苦手なものに立ち向かう姿勢が素晴らしいので逃げないで欲しいのです。

                      これは食べ物だけではないと、私はおもっています。


                      食生活と言うものは、その人の性格を表す一つでもあります。

                      ですので、子供の頃の偏食は本当に良くありません。『好きに』ならなくていいから、食べれるようにいろいろ工夫してみてください。


                      (私もナポリタン食べれない事が悔しくて、良くチャレンジしています。その結果、匂いでは平気になったのです)




                      マッサージ効果

                      0
                        前日、いろいろなスポーツを総合的にみている生徒のお母様から

                        「今の季節、プール寒いですよね」

                        と聞かれました。


                        以前にあげた記事(水泳をするなら…代謝量UP!!)にもあるように、今がチャンスですし、身体にも良いのです。
                        (徳田先生も『今がチャ~~ンス』と言っています)

                        『寒いから』と云ってプールに行かないのは、本当に勿体ない時期なのです。


                        そこで、もう一歩プールへ足が向かうように、水(水中)が身体に与える良い反応を紹介したいと思います。


                        水中には、水圧があります。
                        水圧は、深い方が『強い』のです。

                        と、云うことは脚から上半身に向けて血液やリンパ液を押し上げるマッサージ効果を得られるのです。

                        むくみやすい方によいですし、マッサージ効果によって筋肉も柔らかくなるので、成長期のお子様にも良いのです。


                        「おっ、プールって良いじゃん上向き

                        って思った方は今すぐ、始めてみましょう。
                        (本当に今空いているので、好きなように泳いだり、ウォーキングできます)

                        | 1/2PAGES | >>

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        31      
                        << December 2017 >>

                        AQUA WEB SITE

                        AQUA WEB SITE

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM