スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.02.14 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ストレッチ

    0
      『ストレッチ』をしっかり、理解して指導しているのだろうか?

      と、想う場面が沢山あります。


      体育を指導している生徒で体が硬いので『ストレッチ』を良く取り入れている子がいます。

      現在は、拒まず行ってくれるが最初は大変でした。

      「ストレッチって痛いからイヤだよ」

      って言われてしまったのです。


      某大手スポーツ会社で、習っていたみたいなのだが、痛い『ストレッチ』は身体にどの様な影響を及ぼして、どの様な結果を出すのか、分かっているのでしょうか?

      その以前に『ストレッチ』を行う本人が、やる気を無くしたら、得られる効果も少なくなってしまいます。


      『ストレッチ』の基本は無理をしないで
      [痛くなく][気持ちが良い]
      です。


      私は、あえてキツい『ストレッチ』も取り入れることもありますが、ソレにはソレなりの"理由"と"根拠"が存在します。

      "理由"と"根拠"で云えば

      「反動をつけないでストレッチをしよう」

      と良く言いますが、私も賛成です。

      ですが、本当に反動をつけてはいけないのだろうか?
      答えは[NO]です。
      必要な場面もあります。
      (細かくは、別に記事にします)


      では、どうすれば良いのか?1人で行ってはいけないのか?となってしまうので、まとめます。

      『ストレッチ』の基本は、前述のように[痛くなく][気持ちが良い]です。
      その範囲内で[ゆっくり伸ばす]を行えば、まず間違いは無いです。


      最後に、私が何を言いたいか?
      『ストレッチは、大切だから沢山して下さい』
      と言うことです。


      スポンサーサイト

      0
        • 2019.02.14 Thursday
        • -
        • 15:59
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << April 2020 >>

        AQUA WEB SITE

        AQUA WEB SITE

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM