スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.06.10 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    イラスト

    0


      イラスト描くのは、かなり好きです。

      コンディショニングのブログで使用しているイラストは

      自分で作成し写真も自分で撮っています。

      特に下肢のイラストを描くのは好きで

      今回はかなりうまく書けた自信があります。

       

      人の体をスケッチする事は

      よくその人の体を観察することになるので

      体表から見る筋肉の勉強に

      かなりなるのです


      ○○が…

      0
        寒いですね下向き

        寂しいですね汗


        銀行のキャッシュカードが

        【ICチップ壊れてるから使えません】

        えっえええええ〜!!



        窓口でしか、おろせないのです


        徳田先生〜!!

        明日の餃子会行きたいですひやひや

        本売りにいって、多少は現金作れるかな〜!?

        暇なとき

        0
          みなさんも 

          突然

          暇になる時ってありますよね

          そんな時

          何をしますか

          僕は、包丁を研ぎます
          (知っている人もいると思いますが)

          上京したての頃

          いらなくなった鋼の包丁いただけると

          もらった包丁が錆びだらけ

          刃こぼれだらけ

          そこから始まった

          私と包丁の戦いです

          今回は残っている刃こぼれの処理をしました



          良く見るとまだ刃こぼれがあります

          研いでボチボチな出来です



          今回は2本しました



          物は大切にしていきたいです


          伊東成吉

          二週間つづけて

          0
             専門学校や大学などは

            毎年一月末には待ちに待った

            【後期定期試験】

            があります。

            たいてい進級がかかっているので

            必死になって勉強して望むのですが

            私は、

            試験当日より

            さかのぼる事二週間前から

            進級危うい友人達が

            私の家に押し掛けてきて

            毎晩朝まで後期にやった講義すべてを

            教えなおしたのです。


            って事は2週間オールです

            たまたま、今月は私自身のレッスン数が少なかったから良いものの

            いつも通りだったらと思ったらゾッとしますね


            たいてい教わりに来る人の共通点は

            とりあえず板書ノートが汚い

            だから、授業中に行っていた先生の内容が

            頭に浮かんでこない

            ってところです


            (↑私は教科書に書き込んでいますが)

            運動もそうですが

            勉強ができる友人は

            単に覚えているのではなく

            何らかしらイメージを作って覚えています

            私の場合は講義している先生を

            頭の中でビデオのように記憶していて

            必要なところだけ音声を出すといったところでしょうか

            強引にエピソード記憶(長期記憶)に変換しているのです

            (人の記憶に関しては、またの機会に)


            それではなるべく綴っていきます。


            久しぶりの更新です

            0

               新年を迎えて二週間が過ぎてしまいました

              皆様、今年もよろしくお願いいたします

              さてさて、昨年は私にとって個人的に色々あり苦もあれば、それも含め楽しい年でした。

              今年もすべてにおいて楽しんでいきたいと思います


              昨年末の事ですが、10年ぶりに…

              柔道で昇段しました



              それで三段に昇段させていただき

              ますます、精進していきたいと考えております



              話は変わりまして

              水泳は現在プールが空いていて泳ぎやすいです

              プールもほとんどが温水プールですので水中は寒くありませんので

              来季の学校プールに向けて特訓するには

              良い時期だと思います

              頑張っていきましょう


              FES→忘年会

              0

                 とにかく盛り上がったフェスティバルの後は

                少し早目の忘年会

                私もそうですが

                レッスンでは個々に動いていますので

                顔を合わせることが少ないコーチ陣

                集まったらすることは一つです

                まずは
                全体



                こんな感じ



                次で最後



                こんな感じです

                ばっちり、自分は撮っていませんでした

                席が近かった人しか撮っていないって

                ……………………

                それでは、デハ


                AQUAスイミングフェスティバル’10

                0
                   11月7日(日)は、二回目となるスイミングフェスティバルがありました。


                  参加した生徒のみなさん、応援に来た保護者のみなさん、コーチのみなさん、お疲れ様でした。


                  一般の大会では参加できない子も、ビート板を使用して、あるいはヘルパーを使用するなど今できることを精一杯行った子供たちや、がつがつ泳げる生徒のみなさんの水泳への熱意を感じ、とても感動しました

                  なかには、一年ぶりに顔を見る子も
                  (身長のびてたなーいやいや、泳力伸びていてうれしいけどびっくり

                  スポーツを一生懸命に行うって本当に素晴らしいことだと感じたと同時に、スポーツを通じて人と人との繋がりは強くなるものだとも改めて感じさせていただき、ありがとうございました



                  そうそう

                  参加記念品のセームタオルかわいいですよね



                  今日さっそく、レッスンで使用したのですがタオル置き場に…

                  もう一枚



                  そして、フェスティバルの後は

                  いつもは個人個人、各地へレッスンに行ってしまっている先生方が集まっているわけですから、打ち上げと忘年会(早いですかね)をかねて


                  その模様は、写真撮りましたので明日にでもアップしますね
                  (顔だしNGな先生いませんよね

                  普段では見れない先生方の顔が見れると思いますよ

                  時速6km

                  0

                     どんなスピードかご存じでしょうか。

                    成人の早歩きの平均速度(ウォーキング速度)
                    歩道で使用可能なシニアカーや自動車椅子類の設定最高速度(6km/h以上は出ない設定)


                    かなり速いですよね。

                    ぶつかったら、かなり痛いですし、打ち所が悪ければ大怪我する速度で、危険な速度に踏み入れたスピードだと感覚的に知っていると思います。

                    なぜこの速度の事を取り上げたかと言いますと、競泳選手はだいたい時速6km出していると云うことを知って欲しいのです。

                    大まかに計算します。

                    (種目、個人によって差はありますが)

                    50mを約30秒で泳ぐのですから

                    おおよそ速約1.7m

                    一時間は

                    3600秒

                    1.7×3,600=6,120

                    よって

                    おおよそ時速6km


                    何故この数字を出したかと云いますと、公共のプールは遊びで来ている人、【かなづち】を直しに練習きている泳げない人もいます。

                    私は、コースを借りきって練習しているわけではないので一般客の事も十分に念頭においてレッスンしているつもりです。

                    競泳を指導している生徒で25m以上泳ぐメニューをするときは【フリースペース】は使わないでコースに区切られている【完泳コース】を使うようにしています。

                    生徒本人も、一般の客も安全が第一です。

                    これが、言いたかったのです。

                    フリースペースでガンガンスピードだして選手を泳がして、ぶつかってきてその指導者らしい人間が
                    『危ないじゃないか、どこ見てんだ』とか言ってくる人もいるわけです。
                    いやいや、謝ろうよ、そこは…



                    水泳の事故(怪我)は、コンタクトスポーツではないのに接触によるものが何気に多いんです。

                    こういう背景を知っているので余計気になるのかもしれませんが

                    フリースペース使うときは、いい意味で謙虚に行きましょう。


                    ひょんなことから

                    0
                       先月に発売されたベースボールクリニックという雑誌に私が何故か写っています

                      101003_2301~01.jpg   101003_2302~01.jpg

                      まーびっくりですよね

                      私は学校にも通っているのですが、こんな態度ばかりでかい人間を買っていただき、いろいろな研究に参加せていただいているわけで

                      そこで、お世話になっている先生がこのベースボールクリニックで定期連載をしている方で、撮影しながら意見会をするから来れたら来てよって読んでいただき参加したのです


                      ちなみに約一年後にある医学系の学会で、一応私が主軸で学会発表する事が予定では決まりでした

                      予定は未定なんて、私にぴったりな言葉ですがそんなことにはならないように頑張っていこうと思います


                      基本〜浮いていますか〜

                      0
                        スポーツ(水泳)において基本動作と云うモノはかなり重要です。

                        しかし長く運動をしていると、基本が重要だと分かっていても疎かになりやすいものです。

                        それは、選手だけでなく指導者もそうなりがちだと思います。


                        水泳の指導をしていると??と思ってしまう事があります。スイミングスクールに通っている生徒達(4泳法泳げる子供達)に【けのび】や、【伏浮き】【背浮き】などをさせてみると思った以上に安定して浮いていられない、潜って沈んだままとどまる事も出来ないなど、しばしば見られます。


                        私は水泳動作で一番重要な事は、【水中】という【特殊な環境】で【自分の重心】を【自在】に【操れる】かだと思っています。

                        どんなスポーツにおいても重心をどこに置くかと云うことは最も重要な要素の一つですが、水泳は水という【浮力】があり、【重力の影響】が【減少】し、【地面】など【動きの支点】となる部分が【無い】特殊な環境なのです。

                        どんなにスポーツ万能な人でも、水泳だけは出来ないと云う人も少なくありません。それは、先程述べた特殊な環境下で重心の置き方(取り方)が解らないためです。

                        浮く、沈むは重心の位置で出きるか出来ないかが決まります。



                        話が微妙に脱線してますね。

                        要するに、【伏浮き】【背浮き】【沈む】等は泳げるから出来ていて当然ではなくて、たまには行ってみる事はとても重要ですし、ソレこそ基本だから毎回クールダウンにリラクゼーションの一部として取り入れても良いモノだと私は思います。


                        伊東成吉

                        << | 2/13PAGES | >>

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        293031    
                        << October 2017 >>

                        AQUA WEB SITE

                        AQUA WEB SITE

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM